2020年11月26日木曜日

SURLY BRIDGECLUB 700c 納車でした!

SURLY BRIDGECLUB 700c 納車でした!
以前乗っていたバイクからも移植したりカスタムしてよりナイスなバイクに☆

このブリッジクラブは知れば知るほど奥が深い・懐も深いバイクです
街乗りでもバイクパッキングの様な使い方でも乗り手の趣味を反映するキャパが広い!!

元はこんな感じ

DEORE 1x11で51Tまで

タイヤはSURLY考案:最強コミューター「Surly Extraterrestrial 700x41」
ご覧の様にどんなタイヤ・ホイールでも使えるマルチなヤツ
26 x 3.0" (26 x 2.8" with fenders)
27.5 x 2.8" (27.5 x 2.6" with fenders)
700c x 47 with or without fenders

毎日ガンガン乗ってSURLYワールドを堪能しているご様子

2020年11月25日水曜日

2021 GIANT CONTEND 2 納車

2021 GIANT CONTEND 2 納車でした
通勤と運動用で初心者でも乗りやすいロードバイクとしてこちらをご案内
28cの太めのタイヤや少しゆったりしたジオメトリーも普段使いには丁度いい


あると嬉しい補助ブレーキ!
高級そうなオリジナルサドル

楽しい自転車ライフへようこそ!

2020年11月22日日曜日

VOODOOのMTBオーバーホール作業

VOODOOのMTBオーバーホール作業でした


サスペンションのオーバーホールも一緒に!

ホイールもメンテナンス久しぶりに見るタイプのDTのベアリング
なんか懐かしいw

ケーブルルーティーンも見直してスッキリと!

必要に応じてネジ山の処理やエンド調整もしています

ご利用ありがとうございました

2020年11月21日土曜日

SALSA JOURNEYMAN GRXカスタムで納車

SALSA JOURNEYMAN 人気のグラベルバイクをGRXでカスタムして納車

完成車のSORAからGRX 1x11に載せ替え

フェイスカットもしました

カッコよさ・本物感が強くていいですね〜




楽しんでくださいね〜

2020年11月19日木曜日

TRANSITIONBIKES PBJ 全色在庫あります!

TRANSITIONBIKES PBJ 全色在庫あります!
グリーンシーズンは終わりましたが近所で楽しく遊べるバイクいかがですか?
今年は入荷台数がすごく少ないのでチャンスをお見逃しなく!!



2020年11月15日日曜日

VIGORE ロードバイクのオーバーホールとカスタム

VIGORE ロードバイクのオーバーホールとカスタム作業でした
より長距離を走りやすいようにとアレコレと!

先ずはバラす


ハブもバラす

振れ取りやリム面のお掃除も
 

SUGINOのBBと楕円チェーンリングをチョイス
すっかりペダリング出来て登りでの疲労軽減でより楽しく長く乗れるように


アウターまで楕円にすると変速性能落ちる事多いし癖があるのと
実際登りの高トルクな状態のときほど楕円は活きてくると思います
ご利用ありがとうございました

2020年11月14日土曜日

SALSA STORMCHASER GRXカスタム

SALSA STORMCHASER GRXカスタム
元々はインするスピードで販売されていますが多段化も可能なフレームです

少々お値段はしますがエンド金具を2種類揃えるとギアードに出来ます

色々とチャレンジグなライドを経験するとブレーキの重要性にも気がつかされると思います
油圧のコンロトールの幅の広さはライドに安心感を与えてくれたり攻めのライドを可能にしてくれます

熱ダレを殆ど起こさないシマノ アイステックローターとフィン付きパッドの組み合わせ

遊びの幅が広がった!っと喜んでもらえたカスタムいなりました!!

このカラー本当にカッコ良いなぁ〜

2020年11月11日水曜日

SALSA WARBIRD インプレ

SALSA WARBIRD インプレです
オンロードの10%越えのヒルクライム
グラベルじゃ無くてマウンテンバイクで言うトレイルを下り
碓氷峠を登ってきた感想です

グラベルレースをメインにしたカーボンフレームの完成車
シクロ車やオールロード系バイクと比較するとまずはフォークが寝ていて
ハンドリングが穏やかで直進安定性が強く安心してオン・オフ走れます

オンロードでの登板性能は意外やいがいに普通のロードと変わらないレベル
低速での加速の良さ・直進安定性が強いのでフラフラするバイクを押さえる力も節約できて
車重やタイヤの路面抵抗の大きさなどを引っくるめても疲れはロードと同じ程度でした

フロントタイヤが自分の真下では無くステムの先にある感覚は下りパートで威力を発揮!!
根っこや岩でタイヤが引っかかって前転しそうな路面でも想像以上に突破可能
3~40cm落差がドロップが出てくると流石に前傾姿勢のハンドルの限界がきますが
フラットハンドルならまっ〜〜たく問題ありませんね!
90年代のMTBより確実に下りのポテンシャルは高い。絶対に高い!だってイケるもんw

オフロードでの登り性能は想像を絶する登板能力です!!
急斜度で岩も根っこもゴッリゴリで内心諦めて冗談で登り始めたら
リアのトラクションが最強でバランスも崩れずグイグイ進んでヒョイヒョイ乗り越える
MTBerでも100%登りきれないと思わせる意地悪な激坂をクリアしてしまいました。。
もーこれがレース車って事かぁ〜って超興奮しましたよ

最後の碓氷峠の登りも40x42Tのギア比で全然余裕で登れました
オフロードではもう少し軽いギア比が欲しいけど38Tの楕円とか入れれば満足